<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白いサンダル



もっともっと暑くならないかなぁ


と、夏が待ち遠しくなるサンダル修理です




c0338205_00353873.jpg



革が切れて鼻緒が抜けてしまっています



c0338205_00351625.jpg



c0338205_00345815.jpg


鼻緒は中で固定されているので張り合わされたソールを剥がすのですが


あまりにもガッチリ張り合わせているもので、何度も手を刺してしまいました


痛いのナンノ。久しぶりに辛くて泣きそうになりました


c0338205_00341295.jpg


ハァ ハァ 

ようやく口を割りやがりました


c0338205_00334953.jpg



古い革を外し新しい白い革で鼻緒を作成



c0338205_00333251.jpg




空いた口を再び塞いで完成です




c0338205_00331215.jpg



こんな白いサンダルで

赤い電車にのっかって

僕はどこかに行ってしまいたい

青い空をひとっ飛びして

別の青い空に辿りつき

蒼い海を眺め

透明の風が

緑の木を撫でる

小麦色に焼けた人達が行きかい

橙色の夕日が

藍色の海に落ち

黄金の月が

漆黒の世界で

銀色の星と出会って

白い太陽を待ち焦がれるのです





妄想終了

黄金週間も休まず営業します

連休中に靴のメンテナンスでも




中央区・月島・新富町・勝どき・豊洲・門前仲町
靴、鞄、修理/クリーニング 合鍵
靴修理工房ルーリッジ月島店
クレジットカードご利用できます





[PR]
by r-tsukishima0606 | 2015-04-29 01:49

しっかりガード


南国の空みたいに真っ青なハンドバッグをお預かりしました

c0338205_13375389.jpg


中央にしっかりとしたファスナーがあって

中をしっかりガード

これで海外に行っても中の貴重品を盗まれる心配のない

尚且つガバっと開口が広いので

使い勝手の良さそうなすてきなバッグです

デザイン性があり機能性もあるバッグは重宝しますですね


c0338205_13373462.jpg


さて今回、何の修理でお預かりしたかというと

このしっかりガードの真ん中ファスナー



なんとそもそも付いていませんでした((( ;゜ Д ゜)))

c0338205_13372402.jpg


もともとは2つに折り畳んで口を閉じる様なデザインのバッグだったのです


c0338205_13371500.jpg




お客さんのご希望でファスナーを新設する運びとあいなりました

このファスナーが後付だといったい誰が気付くのでしょうか

もともとがこういったデザインであったかのような

仕上がりになっています



さすが月島が生んだ縫い修理の匠

縫神ウメノです

他店で断られたバッグの修理、リメイクなどあれば

是非ルーリッジ月島店まで




中央区・月島・新富町・勝どき・豊洲・門前仲町
靴、鞄、修理/クリーニング 合鍵
靴修理工房ルーリッジ月島店
クレジットカードご利用できます





[PR]
by r-tsukishima0606 | 2015-04-18 10:20 | 縫い修理

jalan sriwijaya


昨日のお話

c0338205_10212198.jpg



c0338205_10210403.jpg

ちと勉強不足でありまして


こちらの靴のメーカーさんを存知あげませんで


非常にお恥ずかしい限りですが、なんて読むのかなぁ


なんて思ったりしていまして、しかも文字が掠れて読みづらくて


でも、この字面好きだなー、知ってるなー、なんてことを思いまして


懐かしなーなんて。



必死で解読しようとしていたときに


まさかの救世主

c0338205_10205390.jpg
c0338205_10203340.jpg

くりびつてんぎょう


同じメーカーの靴を持ったお客さんが来店しました


ちょとポカンとしてしまいました


お客さんは「なんのこっちゃ」という感じでしたが…



jalan sriwijaya
ジャランスリワヤ


というメーカーさんの靴でして


ハイクオリティー、ローコストという理念を掲げています


工場は 


そう!インドネシア


どうりで懐かしいわけだと納得しました




去年の今頃インドネシアをウロウロ徘徊していまして
(とはいってもバリ島だけですが)


日々の忙しさのなかで、懐かしいというよりも


行ったことさえ忘れてしまいそうになっている今日この頃でした


http://boq.jp/jalan-sriwijaya/




インドネシアといいインドといい


向こうの工場はなんかこう風通しがいいというか


働いてる人たちの格好にとても好感が持てます


憧れちゃいますねー



あるインドの工場では


8割が女性でみんなサリー(民族衣装)を身に纏って靴を作っているとか





あくまでも個人の勝手なイメージですが


日本の工場は閉鎖的で、風通しが悪く


メイドインジャパンなので技術は確かだと思うのですが


働いている姿形に重きを置いてるところがあるというか
(ウッド調、アンティーク調、オシャンティ調)


革靴にはこの服装をするという働いている自身の格好(見た目?)に


こだわりを持っている方が多いように思います


全然悪いことではないですが


個人的にはジャージにビーサンで仕事したいタイプです


あくまで個人の勝手なイメージですよ!


深い海の上っ面の水だけを掬ったような感想なので…





何百年も時たった寺院の片隅にある石に刻まれた

文字のように掠れたインソールがいい味になっている

お客さんの靴は
c0338205_10211531.jpg
かかとの修理です


21世紀に出来たばっかりのこれから繁栄していくであろう寺院のような

まっさらな靴のお客さんは
c0338205_10202678.jpg

ハーフラバーを貼りました




バリ島のみなさん元気ですかー?

私は空元気です!







[PR]
by r-tsukishima0606 | 2015-04-06 11:34