カテゴリ:仕事( 8 )

パンプスの内側(ライニング部分修理)

こんにちは、ルーリッジ荻窪です。
今回は、パンプスの内側がボロボロにーー
よく、ありますよね。
そこで、部分的に補強いたしました。
わかりずらいですが、前方のほうです。
ご相談ください。
c0338205_14281192.jpg
c0338205_15403840.jpg

[PR]
by r-tsukishima0606 | 2017-09-25 14:29 | 仕事

埋めましておめでとうございます


「しんねんあけましておめでとうございます」

本年も昨年に引き続きルーリッジ月島店をどうぞよろしくお願い致します




あ、さて

5日から2015年の営業をスタートいたしました

新年第1発目の修理は

c0338205_19245186.jpg
 
c0338205_19244511.jpg


穴、あな、アナ、孔

まさに開けましておめでとうって感じです

なので埋めましておめでとうございますしました

c0338205_19243853.jpg



やっぱり穴が開いてしまうとソールとしては限界なので

ソール交換をおすすめいたしますが

その靴がお客さんにとってどのような物なのか

奥さん、お財布さんの言い分はどうなのか

に、よっても悩むところでもありますね

メリット、デメリットはありますが、お客さんの要望にそって

最善の方法を提案させていただきます

c0338205_19241025.jpg

なぜか画像が縦ですが

かかと、ソール穴埋め、ハーフラバーで修理させていただきました

(ソールが変形しすぎていて凹凸が出てしまいました(T_T))

でも修理したことでまだまだ履けますね







次の穴、どうぞ~

c0338205_19235647.jpg


あけましておめでとうございます

c0338205_19234773.jpg
c0338205_19233668.jpg
c0338205_19232240.jpg


「甘栗、むいちゃいました」くらいのテンションで

「穴、埋めちゃいました」

色、形ともに元通りと言うわけにはいきませんが

スニーカーも修理可能です




是非1度ご相談下さい


[PR]
by r-tsukishima0606 | 2015-01-06 20:05 | 仕事

揺るがない幸せがほしいのです

c0338205_12303330.jpg



フライヤー完成しました

とても素敵にできあがりました

尽力いただいたRSさんに

心から感謝申し上げます


[PR]
by r-tsukishima0606 | 2014-11-08 11:32 | 仕事

月と太陽





c0338205_2251103.jpg




グッときますねぇ


持ち主を太陽とするならば、さながら靴や鞄は月といったところでしょうか。
履いたり、持ったりする人間(太陽)がいなければ、靴や鞄(月)は輝くことができません

と、わけのわからないことを言っていますが、その月(鞄)の修理をひとつご紹介します。



どんな鞄でも使っているうちに傷んでくるのは当然。中でも一番負荷が掛かる場所といえば持ち手部分です。

鞄本体は綺麗であっても、長い間使うことで持ち手部分は革の色がスレて、傷、手汗、手垢などでボロボロになっちまいます



そのボロボロになっちまった持ち手を外してバラした状態です

c0338205_22303320.jpg


そしてこのバラした持ち手を元に作成したのがコチラ!!↓



バンっ!!

c0338205_22322121.jpg



どうです!この丸々と肥えたお芋!たった今土の中から引っこ抜いた様な新鮮さ!土がまだついております!!

そう!この芋を新しく鞄に取り付けることで、しん…      …芋?
い、芋ですね?  芋ですか? コレ



あっ!!
さっきご近所さんに頂いたお芋の写真を間違えて載せちまいました…


いくら新鮮だからって芋を鞄に取り付けたらたぶんお客さんに怒られてしまうのでやめときましょう。
仕方がないので
コチラ!!↓


c0338205_22355099.jpg



c0338205_22362097.jpg



c0338205_22372960.jpg


元は本体と同じ色の持ち手でしたが、お客さんのご希望でこのカラーに変更となりました。なんともセンスのいい仕上がりになりました。この色を選択するなんて個人的には大好きです☆


靴修理工房ルーリッジ月島店では持ち手の新規作成のご依頼をたくさん頂いております。もし使えなくなってしまったけれど、捨てられない靴や鞄がありましたらお気軽ご相談下さい



靴修理工房ルーリッジ月島店


革の靴や鞄と言ったってもとはみーんな生きていた動物です


感謝して愛でてあげましょう





[PR]
by r-tsukishima0606 | 2014-09-22 22:22 | 仕事

キンキラキンにさりげなく☆






「駅構内の風の強さで体持ってかれがち」


でお馴染みのルーリッジ月島店です


女性の靴といえば、紳士靴よりもバリエーションが豊富でお店に並んでいるのを見ると感心してしまいます


が、可愛さや見た目を重視するあまり色んな装飾品が靴に付いてることがよくあります
       

お店に置いてある時が女性靴の一番好い状態と誰かが言っていましたが、実際にそうかもしれません


c0338205_2252236.jpg

c0338205_2253452.jpg



特に写真のようなスワロフスキ-などは長い間履いていると、1つ、2つ、3,4つとどんどん取れてきてしまい、結構悲惨な状態になってしまいます


周りからは気づかれないとは思いますが、本人としてはかなり気になってしまうと思います。


そこで潰れてしまっていた土台も交換して石が取れてしまったところに新しい石を取り付けました


c0338205_2254874.jpg


c0338205_226167.jpg



うん。キンキラキンにさりげなくなりました


そしてこのキンキラキンを靴の側面にペタっ。右にペタっ。左にもペタっ

c0338205_22625.jpg


クリーニングも承りくもりも取れ、エナメルのエグい艶もだいぶ戻りました

c0338205_227040.jpg



さらにかかとも修理して、またしばらく履けそうです。


思い入れのある大事な靴や鞄をより長く使えるようにお力になれればと思います






靴修理工房ルーリッジ月島店


目が覚めて いのちを食べて 寝て
また目覚めて 

の繰り返しです

毎日毎日それだけです




[PR]
by r-tsukishima0606 | 2014-09-20 22:01 | 仕事

埃及




出土した古代の黄金装飾品

c0338205_2145040.jpg


と、思いきや

c0338205_2146161.jpg


c0338205_2145471.jpg


パンプスのヒールに巻いている革でしたー
色、形ともに、男心をくすぐるベストテン第1位(ルーリッジ調べ)の「エジプト」に
気持ちはすっかりすっ飛んでしまいますた


「空想は距離のない心の旅だ」とある方が言っていました。
だから空想はいっぱいするべきです。
ただ気を付けなければいけないのが妄想ではなく空想だということ。
妄想は病的です (なに言ってんだー)


あと、いくら距離がないからといって仕事中に旅に行くのはあんまりよくないかもしれません (ソウダソウダ!)


今回お客様のご要望で黄金の出土品からスタック革にイメチェンしました (イメチェンって、、、.)

c0338205_2149246.jpg


c0338205_21492571.jpg


自分は履いたことがないのでわかりませんが、
婦人靴の細いヒールは色んな所に嵌ってしまうので、
買ったばかりの靴だろうと容赦なく巻いてある革に傷がついてしまう様です (カワイソー)


傷ついた部分の革がかろうじて残っていれば伸ばして伸ばして接着し直す事である程度目立たなくできますが、
革がすっ飛んでそこだけ色がなくなってしまったり、
見るも無残にボロボロになってしまった場合は元々付いていたものに近い色、素材で巻き替えが可能です (話長いぞー)


傷がなくても今回の様に色、素材などを変えて巻き直すことで履きなれた靴も新鮮に感じるかもしれません (それを早く言えー!)


c0338205_21513179.jpg




丁寧に暮らしましょう





[PR]
by r-tsukishima0606 | 2014-08-25 21:26 | 仕事

ゴリラ迎雨








2014年、
日本は水害の年になるだろうと、何年も前に読んだ本にそんなことが書いてありました。
それが現実になろうとはね…



昨今の日本のいや世界の混沌とした自然現象に我々人類は沈黙するしかないのでしょうか。。



特に連日の突然の大雨に
折角のお気に入りの革靴もビッションコ濡れた状態で放置プレイよろしく、
乾いた時にはしみじみ染み。すみずみ染み。


c0338205_20255288.jpg


c0338205_20254499.jpg



このようなゲリラ染みは時間が経てば経つほど落ちにくかったり、
塩浮きなどが出来てしまいますので、早めの対応をお勧めします


c0338205_2026242.jpg


c0338205_20264198.jpg


c0338205_20272945.jpg


c0338205_20275150.jpg



今回だいぶうまく染みを消すことができましたが、
靴や状況により落とせなかったり革自体が色落ちをしてしまう事もあります。
その際は補色をお勧めいたします。



丁寧に暮らそう


台風お気をつけて
ルーリッジ月島店







[PR]
by r-tsukishima0606 | 2014-08-09 20:22 | 仕事

主人と真っ赤な顔の彼







梅雨と呼ぶにはふさわしいある日、その鼠色の空とは正反対に真っ赤な顔をした彼はやってきました。



無念そうに、けれどどこか誇らしくその痛々しい無数の傷は彼の勲章のようでもありました



「ご主人の足をお守りするのが私の仕事です!」と彼は言いました



ご主人も心配そうに彼を黙って見ています



「どうにかなりそうかねぇ…彼も私もだいぶ年老いたものでね」とご主人が優しさと悲しみを孕んだ目で独り言のようにつぶやきました


「それはもういつも一緒だったよ。どこにいくのもね」



自分の安っぽい言葉など飲み込むしかなく、頷くことしかできませんでした



そしてご主人は「頼むよ」とだけ言い残し今にも降り出しそうな空の中、海の方へと溶け込んでいきました


c0338205_014567.jpg



c0338205_0154260.jpg



数日後…心配顔のご主人がやってきました


「か、彼の容態は…どうかね?」


自分がなにかしゃべるよりも一刻も早く彼に会ってもらった方がいいだろうと考え、私は彼の手を引きご主人の前に連れていきました



傷が深かったため多少の跡は残ったものの、しばらく休養を得た彼はみるみる元気を取り戻し、顔色もだいぶよくなったようです



c0338205_040316.jpg



そんな彼を見たご主人は言葉を発しなかったものの、その表情には様々な感情を読み取ることができました



「それじゃ行こうか…」と梅雨の晴れ間の真っ青な空を見上げながらぽつりとつぶやきました



「ハイ!」と大きな声で返事をした彼はご主人の少し後ろを歩き、こちらをチラっと振り返り小さなウィンクをして微笑みました


c0338205_0412194.jpg








[PR]
by r-tsukishima0606 | 2014-07-04 00:41 | 仕事